2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月 

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

実家に帰ってから

2007.03.23 (Fri)
こんにちはみぃです

完全!とはいかないけど、何とか復活です

そして、プリティを極めるため、日々修行の毎日を送る優彩さんです。

07323yugure.jpg




さて、前回から引き続き二人のことです。


旦那様と実家に帰る事になった訳ですが・・・

車の中でも感情がめちゃくちゃで、泣いたり落ち着いたりと自分でもどうしていいか分からなくなっていました。

旦那様と色んな話をしました。


私は「はずれくじ引かせたみたいで、ごめんね。」と泣いて謝りました。


旦那様は「そんなことは無い」と言ってくれましたが、申し訳ない気持ちで一杯でした。


「それよりも、笑って実家に挨拶できる時に帰ってやれなくてごめん」と旦那様は泣いていました。


旦那様のことは知ってますが、挨拶には行ってなかったのです。



実家に着いて、両親・妹の顔を見るたびに泣いていました。

でも、泣いてばかりもいられません。

どこの病院に行くか?

いくつか候補がありましたが、結局がんセンターに行くことにしました。

そして診察の予約を取り、次の日に病院に行くことになりました。

旦那様は、次の日は仕事なので帰っていきました。


ちょうど桜の咲いてる頃です。


桜を見ながら「世間では花見だなんだというのに・・・」

この頃は、何を見ても何を聞いても何を思っても・・・泣いてばかりでした。

自分の人生は終わりなのだと、心が不安で押しつぶされそうで立ってるのがやっとくらいの精神状態でした。

でも、泣いてはいけない。。。と思ってましたし、「あんまり泣かんと」って言われてたし・・・

もちろん、心配しての言葉でしょうが。


入院が決まり、手術も決まりました。

入院までの間にいろんな検査をしました。

CTやMRIなど、痛くも何ともない検査なのに涙が止まりませんでした。

無機質な検査室にいると、どうしても不安になり余計なことを考えて泣いてしまうのです。


そして入院。

部屋に案内され、同室の人たちに挨拶を・・・

また泣いてしまいました。

もう、何で泣くのかさえ分からない状態でした。


でも、みんな笑ってるんですよ。

がんなのに。。。


後で担当看護師が来ました。

物腰のやわらかい人でした。


つらかったでしょう?泣いてもいいのよ。
泣いて、ストレスが溜まらないようにするのも大事なことよ。
でも、沢山泣いたら少しだけ前向きに考えてね。
その繰り返しで、一つ一つクリアしていこうね。


たくさん涙が出ました。

泣いてもいいんだ。。。ほんの少しだけ気が楽になりました。


検査やら手術前の説明やらで、両親たちが帰る時間が来ました。

ついて帰りたかった・・・

気持ちも落ち着いてたから、見送っても大丈夫と思ってたけど、やっぱり泣いてしまいました。

病棟に帰ってると後ろから父が来ました。

心配して戻ってきたのです。

私の頭をなでながら「がんばるとよ」と何度も言っていました。

私は子供に戻ったように泣いていました。




私には子供がいませんし、もう親になることは出来ません。

なので、親の気持ちがどんなものなのか分かりません。

でも、とても辛いだろうという事はわかります。

だからこそ母に電話した時、実家に帰った時、「ごめんなさい」という言葉しか出てこなかった。




そして、旦那様。

私がこんな事になったので、心配した旦那様の友達が飲み会に誘ったらしいのです。

でも、私が苦しんでる時に自分だけ楽しむ気持ちにはなれないと。。。

旦那様もまた、辛かったことでしょう。



両親、旦那様。

「代わってやれるものなら自分が・・・」と。

本当にごめんなさい。

そして、ありがとう。






07323sora.jpg






応援して頂けると益々やる気になります♪


飛行機雲が可愛かったの♪
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
スポンサーサイト
【編集】  16:02 |  二人のこと  | Top↑
 | Home |